オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
介護職

日本では高齢化社会が進んでおり、介護を必要とする方も増えています。
それゆえに介護を行うヘルパー、介護福祉士などの需要は今後さらに高まることが予想されます。
介護を安全に正しく行うにはそれなりの知識、技術が必要です。
将来ヘルパーなどの介護関連の仕事をしたいとう方は介護職員初任者研修を受講しておくと良いでしょう。
介護職員初任者研修や実務者研修を受講する方法としては専門のスクールで学ぶことがあげられます。
介護関連の資格は未経験でも活躍できる場合もありますが、実務者研修などでしっかり基本から学び資格も取っておくとより活躍の場も広げることができます。
それぞれの資格の違いについても知っておきたいですが、介護職員初任者研修はホームヘルパー2級という資格の名称を改めて2013年4月より導入された資格で、実務者研修は2012年4月より導入された資格で、こちらは介護福祉士国家試験受験のために基礎知識や技術を学ぶための研修です。

介護の仕事のステップアップ法

高齢化が進む日本では、介護保険制度が導入されてから様々な制度改正が行われています。
介護は資格がなくても仕事ができますが、近年は高齢者施設の増加や訪問介護等の需要の多さもあり、介護の質やスキルアップのために資格が重要視されるようになってきました。
訪問介護をする人のことをホームヘルパーと呼びますが、以前はホームヘルパーの1級から3級までの研修がありましたが、現在は介護職員初任者研修と実務者研修に変更になりました。
介護職員初任者研修は介護の基礎を学ぶ研修で誰でも受講が可能なため、介護が必要な人が身近にいる場合などにも役立つ研修となっています。
介護の仕事をしながらスキルアップのための資格としては「介護福祉士」があります。
介護福祉士は国家資格で所定の養成機関に通って資格を得る方法もありますが、働きながら受験資格を得ることもできます。
働きながら受験資格を得るには福祉の現場で3年以上の実務経験が必要になります。
試験は年に1回行われています。
制度の改正で学科試験の他に実務者研修を修了する必要もあります。
その他に、実務経験が5年以上で介護支援専門員の受験資格を得ることも可能です。
介護支援専門員はケアマネジャーとも呼ばれていて、介護に関するサービスの調整や相談、ケアプランを作成することなどが仕事で介護保険制度を始め、幅広い知識が必要になります。
介護支援専門員は5年ごとに更新研修を受けて都道府県知事の登録が必要な資格です。